Tiffany Lamp

宝石をこえたガラス ティファニーランプの世界

真の宝石よりもガラスの輝きに魅せられた人がいる。ルイス・C・ティファニーだ。ニューヨークの宝石屋「ティファニー&カンパニー」の創始者ティファニー氏の長男で、有名なガラス工芸家である。

12種類あると言われる彼の作品群の中で、特に評価が高いのがランプ。特殊な技法による彩色ガラス(ステンドグラス)を組み合わせて作ったティファニー・ランプは、アメリカン・アール・ヌーボーの傑作と言われ、世界中の美術愛好家の憧れの的である。

小さなものでも10万ドル以上するとあって、一般人にはなかなか手の届かないオリジナル。しかし、そのロマンチックでエレガントなスタイルに魅せられて、ティファニー・ランプを復元する職人たちがいる。全米でも一握りという、その職人の中に日本人のステンドグラス・アーティスト、田上義文(たがみ・よしふみ)さんがいる。

ティファニーに
魅せられて

パロスバーデスに住む田上さんのお宅を尋ねたのは、秋も深まったある朝。

表札のないドアの前で住所を確認し、呼び鈴を押す。ドアを開けてまず目に飛び込んできたのが何十とういう大小様々のランプだった。

ステンドグラス

傘の部分が色とりどりで、よく見ると、色のついたガラスが貝殻のようにはめ込まれている。自然光の下、控えめにたたずんでいるランプたちに見とれていると「夜にお見せできないのが残念です。暗闇だともっとキレイなんですが」と田上さんが済まなそうに笑う。ガラスの量感と曲線が力強い。暗闇の中、このランプ全部に明かりが灯った情景は、想像を絶する美しさに違いない。和歌山県出身の田上さんが、ステンドグラスと出会ったのは今から20年前。当時アートとはまったく関係のない仕事についていた彼は、ギヤラリーで見たステンドグラスに心奪われる。

「前々からアートに興味はありましたが、その時凄い衝撃を受けたんです。そしてこれをやってみたいと強く思ったんです。」

今から思うとそれほどレベルの高い作品じゃなかった、と言う田上さん。その時はまさかこれが自分の仕事になるとは露思わなかったと、振り返る。それから田上さんの独学が始まった。「とにかく技術を覚えたかった」とひたすら本を読みあさった。「本を読めば大体のハウツーはわかるんです。でも問題はそれからです。いかに自分のアートをクリエイトするか」

ステンドグラスの
風雲児
ティファニー

ステンドグラスとは彩色ガラスのこと。この彩色ガラスを使ってティファニーが作ったランプが、いわゆるティファニー・ランプだ。ガラスとガラスを銅でつなぎ、風景、花、昆虫などを色鮮やかに表現したティファニー・ランプ。正式にはティファニーが作ったものだけがティファニー・ランプなのだろうが、広義ではその独特のスタイルを真似たものもティファニーランプと呼ばれている。すべて手作りで手間暇がかかっているため、模倣品とはいえ高価だ。数千ドルを下らないものも多い。

ステンドグラス

「ティファニーはヨーロッパに留学して、ビザンチン様式のステンドグラスの美しさに魅了されました。ところが当時のステンドグラスといえば、画家が白いガラスに直接エナメルで絵を描くという、本来のステンドグラスからはずれた邪道だったんです。そこでティファニーはガラスそのものに発色させるという、ステンドグラス本来のやり方を再開したのです」。田上さんが説明する。

19世紀当時、ヨーロッパのステンドグラスは、ガラスに顔料をなすりつける方法がとられていた。しかしこの方法ではガラスはあくまでも脇役。ステンドグラスは、ガラスの上に描かれた絵でしかなく、ガラスという素材そのものから生まれた絵にはならない。しかも当時のヨーロッパのガラスはすこぶる質が悪いという難点もあった。

ここにティファニーは、光を通すガラスそのものに発色させるという12世紀以前の本来のステンドグラス製造方法を試みる。ガラスが持つ力強さや美しさを生かそうとしたのだ。周りには無理だと言われる中での挑戦だった。また、ガラスの素材としての美しさに注目し、様々な色合いや造形的な表面を編み出すことにも成功。溶かしたガラスの中に金属を混ぜ、温度や混ぜ具合で独特の色合いや陰影を作り出したのだ。他のステンドグラス作家が、ガラスができた後に彫刻したり絵筆で彩色という「後天的」な方法に頼るのに対し、ティファニーはガラスが熱く溶けた状態で吹いたり伸ばしたりして色や形をつけたのだ。こうして、ティファニーが作り出したガラスは「ファブリル・グラス(Favrile=手作りの)」という最高級のガラスを表わす登録商標にもなっていった。

トーマス・エジソン
とティファニー
の出会い

新しいガラスの製造方法を編み出したティファニーは、そのガラスを教会などの窓に使うだけでなく、一般家庭でも楽しめないかと考える。ここに有名なティファニー・ランプが誕生する。

ステンドグラス

1890年代後半といえば、時まさにトーマス・エジソンが白熱電球を発明した時代だ。ティファニーはこの発明家エジソンの助けを借りて、家庭用のテーブルランプを作り出していく。「ステンドグラスの窓の場合、光源は太陽光線なんですが、これを電球に変えて、ティファニーは様々なテーブルランプを作り出したんですね」。

美への飽くなき探究心を持つティファニーだったが、決して一部の特権階級だけを芸術の鑑賞対象としていたわけではなかった。「真の美をアメリカのすべての家庭に届けたい」が生涯のモットーだったという。しかし彼のモットーとは裏腹にティファニー・ランプを持つことは富の象徴となり、当時500ドル以下だったランプが今ではその100倍以上を出しても手に入らない高価なものになってしまった。

ライフワークにもなるティファニーランプ

ステンドグラス

「私はあれこれやるのが得意じゃないんです。一つのことに集中して極めていくタイプなんですね」。そんな性格の田上さんにティファニーのステンドグラスは完璧にマッチした。

現在サウスベイ、オレンジ、そして日本にも134人のお弟子さんを持つ田上さん。彼のもとから巣立っていった弟子の中には、ステンドグラス・アーティストとして日米で活躍する人もいる。

2階建てのタウンハウスの一階が田上さんの工房になっている。リビングルームには所狭しとランプが飾られており、中には高さ1メートル50センチ、傘の直径が1メートルはありそうな大きな作品まで。「これすべて私の生徒の作品なんです」と田上さんは言うが、どれも皆売り物として通用するレベルの高いものばかり。ガラスを切ったこともなかった主婦がこんな作品を作ったと聞いて、ビックリしてしまう。

生徒のほとんどは女性だ。ひとつの作品を仕上げるのに半年から、物によっては1年もかかる。時間的、また経済的な余裕がなくてはできない贅沢な趣味でもある。そして精神面での忍耐力も要求される。製造過程において極度の集中力を要求されるからだ。しかしそれは自分と向き合ういい試練でもあると田上さんは言う。

このチャレンジゆえに、ステンドグラスに傾倒していく人たちも多いそうだ。

「買うと高いから自分で作ってみようと始めて、作業の大変さに気付く人も多いですね。しかも精魂こめて時間と手間暇をかけて作った作品は、手放せなくなるんです。だから売ろうという人はいませんね」と田上さん。ただランプが欲しいというなら、買った方がいいと彼は言う。

それだけに完成した時の感激、充実感は大きい。「ライフワークとして取り組むに値する趣味」と田上さんが強調する由縁だ。

70代の弟子もいる。「ティファニーランプは割れない限り、先祖代々永久に残ります。子供たちも孫たちもおばあちゃんが一生懸命作っている姿を見て、完成したときの喜びを家族で分かち合っているんですね。」

ガラスとの出会いが作品を決める

ティファニー・スタイルのランプはもとより、ステンドグラス・アーティストとして、窓用の大きなものやオリジナルデザインのランプを手がける田上さん。日本の岩手県にステンドグラス・アーティストとして招待されて、村興しに一役買ったこともある。

田上さんの作業時間は一日に約7〜8時間。お客からの注文でひとつひとつを手作りする。「ランプにしろ窓にしろ部屋の一部ですから、必ず注文されたお客様のお部屋のイメージを考えて、デザインするようにしています。」と言う田上さん。大きなもの以外は、大体2週間でひとつの作品を完成するという。

工房には数十枚の美しいガラス板が立てかけられていた。不透明な色付きのもの、複雑な模様のあるもの、表面にヒダのあるもの、ガラスにこんなたくさんの種類があったのかと、改めてビックリした。

「いいガラスとの出会いで、いい作品ができるんです。」

絵ならば絵の具を使って自由自在に色を変えることができる。しかしステンドグラスの場合はガラスがすべて。色を塗ることはできない。田上さんも、自分のイメージに合ったガラスを求め、いくつものガラス屋を歩き廻る。素材がすべてなのだ。

ステンドグラス

「例えばこのガラスのほんの一部だけ、という贅沢な使い方もするんです。」と田上さんは言う。それだけに、自分のイメージに合ったガラスに出会ったときの喜びは大きい。

だからといってお金をかければいい訳ではない。「自分の表現したものにマッチすれば何だっていいんです。出来合いのガラスだけでなく、瓶のかけらを作品に使ったりもするんです。」

緻密で孤独な作業だが「ガラスと向き合っているとすべてを忘れる」と笑う田上さん。西暦2000年にはアメリカと日本での個展を開催した。

時代を超え輝き続けるティファニー・ランプ

ステンドグラス

小さな頃、浜辺で拾い集めた色とりどりの小石やガラスの小片で、夢中になって遊んでいたというティファニー。宝石商の御曹司として幼い頃から本物の宝石に触れていた彼が、本物の宝石には興味が持てず、ガラスの魅力に取りつかれていったのは、ただの偶然ではない気がする。一流の美に囲まれて育ち、完璧な審美眼を持った彼に、神はガラスという素材に新しい息吹を与え後世に残る芸術作品として蘇らせる、大任を授けたに違いない。

そして1世紀。彼の魂はガラスに閉じ込められて、真の審美眼を持つ人だけに話しかける。宝石の輝きを越えて語りかけるガラスは、アートとはまったく関係のなかった日本人青年の人生までを変えた。アメリカという異国で、この青年は独学でティファニーの技術をマスターし、ガラス工芸家として1人立ちしていった。

そして今、ティファニー・ランプの美に魅せられて、家庭の主婦が、学生が、一般の人々が田上さんのもとを訪れる。技術を学び自分なりのランプを作りながら、そこで人々はガラスの世界に魅了され、ティファニーと時代を超えて対話していく。ティファニーの精神に触れていく。

ティファニーの願いとは裏腹に、ティファニー・ランプは一般家庭にはとても手の届かない高価なものになった。しかし田上さんや彼の弟子たちが作るランプのひとつひとつには、ティファニーの精神が宿っているといえるのではないだろうか。

「真の美をアメリカのすべての家庭に届けたい」

—ティファニーの願いはこの日本人青年を通じ、違った形で実現されているのかもしれない。

(Bridge U.S.A. 1998年11/15号掲載より)

 

世界にたった1つオーダーメイドのティファニーランプが手に入ります

TAGAMIグラス工房では、オリジナルのティファニーランプ制作、販売を行っております。ティファニーランプはステンドグラスをシェードに配した美しいランプのことで、もともとは日本人女性にも人気の宝飾ブランドであるティファニーの創始者の長男であったガラス工芸家の手により制作されたものです。
TAGAMIグラス工房では彼の作品に魅せられた職人が、ティファニーランプを再現すべく技術を磨き、オーダーメイド制作を承っております。
ご自宅用はもちろん、お祝い事やプレゼントとして美しいステンドグラスを配したランプは大変喜ばれます。ティファニーの本場アメリカでも数少ないティファニーランプの制作技術を持つ職人が、皆様からのご依頼をお待ちしております。