ステンドグラスに使用するガラスの種類

ステンドグラスというとおしゃれな窓を連想される方が多いのではないでしょうか。ステンドグラスのパネル制作に取り掛かる際には、使用するガラスにこだわりを持つことが大きなポイントになります。ステンドグラスに使用するガラスの種類は、ガラスが持つ特徴によって大きく分けることができます。こちらではステンドグラスに使用するガラスの種類をご紹介いたします。

アンティークグラス(フルアンティークグラス)

アンティークグラスは、機械を使わずに職人の手によって作られます。そのため1枚のパネルでも厚みが整っていないという味を楽しむことができる特徴があります。ガラスの中に気泡を入れて作るアンティークグラスは透明感が溢れます。なかなか手に入れることができないような希少価値が高いガラスでもあります。

キャセドラルグラス(パターンガラス・型板ガラス)

キャセドラルグラスは、アンティークグラスとは違って機械で生産します。波模様のようなリップルグラスや鳥の羽のような模様であるグルーチップなど様々なテクスチャーをつけることができるため、多様な質感を楽しむことができる特徴があります。

ダル・ド・ヴェール(スラブガラス・キャストガラス)

ダル・ド・ヴェールは厚みのあるガラスなので生産するまでに手間がかかってしまいますが、他のガラスでは演出することができない光の輝きを楽しむことができます。充分な厚みがあるダル・ド・ヴェールは、住宅に取り入れるガラスとしても人気があります。

オパールセントグラス

ティファニーが考案したガラスで、ティファニーの作品で最も多く用いられているガラスです。オパールセントグラスは乳白色で半透明なガラスです。単色のものもありますが、マーブル模様になるように色を混ぜ合わせているものもあります。オパールセントグラスを使用しているものは、半透明だからこそ演出することができる光にも注目していただきたいです。

当工房では、ティファニーランプをはじめとするインテリア作品や雑貨のオーダーメイド注文が可能です。おしゃれな雰囲気を演出することができるステンドグラスをお探しの方は、お気軽に当工房にご依頼ください。イメージにぴったり合うような魅力的な作品を制作いたします。ステンドグラス教室も行っているので、パネルや雑貨の作り方に興味をお持ちの方や自分の手で作品を作りたいという方は、ぜひ当工房のレッスンに参加してみてください。